盆はセンコー

公開日:  最終更新日:2014/08/16

J一さんより久しぶりにお誘いがあり、地元の野池で久しぶりのフローター釣行をしてきました。
と、言いたいところですが目的の野池に着いたら、J一さんのフローターがしぼんでいる(~_~;)
チューブを確認すると穴が開いていました。
HONDAならぬKENDA!
kenda
製造国は、使用期限切れ鶏肉問題があったあの国です^_^;

釣りする前からオモロすぎですww

急遽、私が以前使っていたフローターのチューブを使ってもらう事にしました!

そんなこんなで、16時半に釣行開始!

言い忘れましたが、J一さんより
「盆はセンコーやで」
と言われていたので、

「毎日香ですか?」
とおキマリのボケを挟みながら久しぶりにスピニングタックルも準備しました。

こんな感じでカバーを中心に攻めていたので、直ぐに釣れると思っていましたが、現実は甘くなかった・・・

アタリはおろか、見えバスの姿がありません・・・

やはり、去年の大減水で絶滅したか・・・

と、思ったらカバーではなく、オープンウォーターに小バスのスクールが!?

目の前にフリーフォールしたら、直ぐに食った!

と、思ったらアワセのタイミングが早くてノらず。

「もっと、スイープ気味にアワせたら?」
とJ一さんから助言が

私なりのスイープ気味のアワセを動画にてご覧ください

スイープなアワセで20センチ越えのコバッチをゲット!
超大物風に写真を撮ってもらいました(^^ゞ
写真 4

その後、J一さんも同じくらいのサイズをゲット!
ヒットルアーはやはり、センコー
10601152_572680049524999_2033581699_n

結局、カバーではバスは釣れず、回遊でした。
無駄にスキッピングさせてカバーにいれる必要は無かったってことね(^_^;

その後、2匹ずつ同じようなサイズを釣り上げるが、サイズアップせず(・_・;)

結構な風にあおられて、池の先端のバックウォーターまで来てしまいました。。。
もう、結構ええ時間になってきたので、

「そろそろ戻りますか?」
と聞くと、

J一さん
「足がつりそう・・・(;´Д`)」
と嘆いています

私のフローターはオールがついているので、ある程度の距離の移動は苦にならないので、J一さんのフロータと連結させて、戻りました。

ちなみに私は、ゼファーボートZF-148VSKを使っています。


値段はそこそこしますが、座席が高い位置にあり、結構広めなので快適なフローターフィッシングが楽しめます。
ただ、重いのが難点でちょっと山道を上り下りするときは、本当に辛く釣り場に付く頃には疲れたはてています(年か!?(^_^;)

話は戻りますが、J一さんを介護している、、もとい! 引っ張って戻っていると、
「ターンオーバー気味やな」
とJ一さん

「ターンオーバーですか!?」
と私が訪ねると

「だって、泡がなかなか消えへんからな」
とJ一さん

「ターンオーバーか・・・、今日はやっぱり釣れへんな」
と私の心の声。

そんなこんなでフローターをエントリーした護岸近くに戻ってきました。
時間も19時前となり、辺りも暗くなってきました。。。
最後の望みをかけて! というよりもちょっと諦めぎみに釣りをしていました(爆

諦めぎみのセンコーがゴミ溜まりとオーバーハングの絡むところに綺麗に入った!

その瞬間、

「バコッ」

と何か出た!

ラインを巻き取ってアワせてみると、ノッた!

これは、デカイ。

緩めにしてあったドラグが
「ギーーーーーーーー」
と気持ちよい音を出しながらラインが出て行く。

ドラグ調整を慎重にしながらのやり取り。
近くに寄せても捕らせてくれず、バスが私の足元にもぐるもぐる。
「楽しぃ~」
フローターフィッシング最高の瞬間です!(僕だけ(^^ゞ?)

恐らく3分から5分ぐらい格闘したでしょうか?

48.5センチのデカバスゲット\(^o^)/
写真 5
ヒットルアー:センコー

久しぶりのフローターで久しぶりのスピニングタックル。

ラインは4ポンドフロロなのでかなりスリリングで楽しいやり取りが出来ました。

スピニングはちょっと封印と思っていましたが、改めてこのタックルの魅力を実感することが出来た釣行でした。

ちなみにセンコーはJ一さんからの貰い物です

今度、センコー買ってこよ(^.^)

「盆はやっぱりセンコー」です!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑